開口一番「店頭取引」の際

FX(外国為替証拠金取引)に関しては取引所取引というものがございます。

普通の外為企業と売り買いをするものを「店頭取引」と呼びますがこの取引については取引所を通過させずビジネスの相手はFX業者になるのです。

「取引所取引」という場所は外国為替証拠金取引(FX)会社は仲介役であり、ストレートのビジネスパートナーは取引所になります。

この相違をこちらでいくらか比べてみます。

開口一番「店頭取引」の際は委託しておる資金はFX業者にコントロールされているのです。

反面「取引所取引」の次第、こちらの資金は全てのお金取引所に預託しないとならないと決められています。

もし外為業者が破綻するというような話があっても、後者は、取引所によって証拠金が総額防守してもらえることになります。

前者のケースは外為(FX)会社が管理しているので、様子によっては企業ダウンの悪影響をに襲われて預け入れていた証拠金は擁護されないのかもしれません。

及び税金面からも2つには内容に違いが見受けられます。

「店頭取引」では、為替差益やスワップポイントなどを雑所得として給与と総額で届出をしなければなりません。

しかし確定申告せず大丈夫な時もあるらしいので、自己に当てはまるかどうか念入りに検討していただきたいです。

万が一アナタが勤労者で収入2000万円以下給与所得の範囲を超えた実入りが20万円以下(複数の企業から給与所得がないこと)というようなのような内容を守っている状態でいるということであれば例外という事で確定申告は不要でOKです。

外為利潤が20万円以上の例は確定申告をしなければいけません。

税金の度合いは実収に付随して5パーセントから40パーセントの6つの段階に分割されておりまして稼ぎが高ければ税も高くなります。

「取引所取引」については、利益があった折はその他の儲けとは別口として「申告分離課税」の対象となってしまいます。

税の割合は一律20%となるんですが、もしもマイナスがはっきりしたのであれば「取引所取引」の利益として損失分を次年以降に先送りができます。

上記のように、「取引所取引」の方が「店頭取引」よりも安い税になるケースも大いにあるので比較して研究していった方が良いでしょう。

ひときわ未経験者の人ならば、JASDAQ株価の動きや円の状態に毎日行き届き、黒字や赤字に手に汗にぎる事によって、税金についての物事を忘れたかのようになることもあるので注意しましょう。

赤字は困ってしまいますが、実入りが増えれば税金も額が高くなるので意識と自覚が大事ですね。

コンテンツメニュー

    Link